苦しみはResistance(抵抗)から生まれる・増幅される

しょうご です。

 

人の苦しみはなぜ生まれるのでしょうか?

 

色んな苦しみがあると思います。

 

怒りの苦しみ

イライラの苦しみ

不安の苦しみ

恐れの苦しみ

 

僕にはまだ理解できないような人の苦しみもあると思います。

 

けど、僕は、どんな苦しみもResistance(抵抗)から生まれる・増幅されると思っています。

 

Resistanceというのは、湧き上がってきた苦しみ(ネガティブな感情)に抵抗するということです。

 

感情というのは、ポジティブなものも含め、抵抗するとよくありません。自分の心の自然の流れに反するからです。

 

なので、そのままその感情を感じるのです。

 

そのネガティブな感情を避けるのではなく、むしろそこに留まる感じです。

台風の中心が意外と穏やかであるように、ネガティブな感情もそこから出ようとして抵抗しなければ、心に平安がやって来ます。

 

そこを避けようともがけばもがくほど、いつまでもいつまでもそのネガティブな感情はあなたを追いかけ回します。あなたが、それを直視してあげるまでずっと。

 

 

ネガティブな感情は、あなたの心の中の小さな愛おしい子供(インナーチャイルド)の感情です。それが叫びとなって現れてくるのです。

 

僕らは多くの場合、この小さな子供の叫びを無視しようとします。なかったことにしようとします。

 

そうすると、その小さな子供は「もう僕の話(叫び)なんて聞いてくれないんだ。」と諦めるようにだんだんなっていきます。そういう風に、僕らは自分で本当の感情を抑圧していきます。

 

僕は、うつ病などというのは、この抑圧された感情がピークに達した時、インナーチャイルドが僕らに対して強制終了をかけるものだと思っています。

 

ですので、ネガティブな感情も受け入れてあげましょう。優しく「大丈夫だよ。そのまま感じて大丈夫だよ。」とその小さな子供に声をかけてあげる感じです。それを繰り返すことで、心は癒えていくと僕は思うのです。そして、それがほんとうの自信につながっていくと思うのです。外的に理由ずけのない、裸のままの自信です。無条件の自分の存在に対する自信です。

 

 

僕もまだまだですが、一緒に頑張っていきましょう。

全ての人はひとつに繋がってます。

心というのは、自然に流れに任せれば、必ず最善の方向にいくようになっています。

 

そんな感じです。

 

しょうご